2017年01月16日

日本科学未来館・企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」

日本科学未来館で、企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」が開催されます。

会期:2017年4月8日(土)〜9月24日(日)
会場:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン



posted by ジオコスモス at 20:58| 企画展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本科学未来館:メディアラボ第17期展示「数理の国の錯視研究所」

日本科学未来館では、メディアラボ第17期展示「数理の国の錯視研究所」を公開しています。

今回は、実際とは異なって見える目の錯覚すなわち「錯視」をとりあげています。数学をつかって「錯視」の研究にとりくんでいる二人の研究者、新井仁之氏(東京大学)と杉原厚吉氏(明治大学)がそれぞれ異なるアプローチで制作した錯視作品、計18点を展示しています。。またこれらの研究成果をどのように実社会に役立てていくことができるのかを通して紹介しています。


会期:2016年11月17日(木)〜2017年5月15日(月)
場所:日本科学未来館 3階 常設展「未来をつくる」内

日本科学未来館 メディアラボ


posted by ジオコスモス at 20:49| 錯覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本科学未来館 第3回「ジオ・コスモス・コンテンツコンテスト」(コンテンツ募集中)

日本科学未来館では、第3回「ジオ・コスモス・コンテンツコンテスト」を開催します。テーマは「目にみえないもの」です。

現在、コンテンツを募集しています。応募期間は、2016年12月9日(金) 〜 2017年2月15日(水)18時〆切です。

募集部門は、映像部門・ライブコンテンツ部門・アイディア部門の3つです。

くわしくは下記サイトをご覧ください。



posted by ジオコスモス at 20:23| Geo-Cosmos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

3つの火山が相次ぎ噴火、インドネシア

ナショナルジオグラフィックによると、2016年8月3日、インドネシアで3つの火山がほぼ同時に噴火し、数千人が避難しました。

3つの火山が相次ぎ噴火、インドネシア >>

posted by ジオコスモス at 20:59| 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

コニカミノルタプラザで特別企画展「太陽系探査の現在」と「THE EARTH展」

コニカミノルタプラザで特別企画展「太陽系探査の現在」と「〜Our Blue Planet〜 THE EARTH展」が開催さてています。

惑星探査の最新情報がえられるとともに、宇宙からみた地球の姿を知ることができます。2016年8月10日まで。

▼ コニカミノルタプラザ


posted by ジオコスモス at 14:28| 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

日本科学未来館の Geo-Cosmos は地球の姿をリアルにうつしだす

日本科学未来館 の "Geo-Cosmos"(ジオ・コスモス)は有機ELパネルを使った世界初の「地球ディスプレイ」であり、 1000万画素をこえる高解像度で宇宙空間にかがやく地球の姿をリアルにうつしだす同館のシンボル展示です。

「宇宙から見た輝く地球の姿を多くの人と共有したい」という未来館・館長毛利衛さんの思いから生まれました。画面上をながれる雲の映像は、気象衛星が撮影したデータを毎日とりこんで反映させたもので、刻々とうつりかわるリアルな地球の姿ををながめることができます。

Geo-Cosmos 上映プロセシング&スケジュールをご覧ください。

posted by ジオコスモス at 23:19| Geo-Cosmos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

パキスタキス・ルテア (Pachystachys lutea)

IMG_0152_1c.jpg

<クロス法で立体視ができます>(新宿御苑大温室で撮影)
西インド諸島から南アメリカが原産です。茎の先端に、長さ10センチほどの黄色い苞をつけ、その中に白い花を咲かせます。ふつう花期は5月から11月ごろですが、温度さえあればいつでも開花します。別名で「うこんさんご(鬱金珊瑚)」とも呼ばれます。キツネノマゴ科パキスタキス属の常緑小低木で、学名は Pachystachyslutea。英名は Lollipop flower。(出典:Weblio 辞書)




posted by ジオコスモス at 21:05| ステレオグラム植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュウガツザクラ(十月桜)

IMG_0493c.jpg

マメザクラとエドヒガンの交雑種で、江戸時代後期から栽培されている落葉高木です。八重咲きで、秋と春の年2回開花します。〔バラ科〕(新宿御苑)
<パラレル法で立体視ができます>
タグ:3D写真
posted by ジオコスモス at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ステレオグラム植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

きびしい自然環境のなかで文明が生まれた

古代オリエント博物館で開催中の「アマゾン展 森に生きる 人々と暮らし」を見ました(会期:2014年11月24日まで)。今では貴重になった狩猟採集民の生活を垣間見ることができました。

また、古代オリエント博物館の常設展も一部展示してありました。オリエントで最初の文明(メソポタミア文明)が生まれた様子を知ることができました。

「アマゾン展」と「古代オリエント常設展」とを比較してみると、オリエントの砂漠地帯というきびしい自然環境のなかで最初の文明が生まれたのだということがよくわかりました。

つまり、アマゾンのようなゆたかな自然環境のなかでくらしているかぎり、狩猟採集で十分たべていけるのですが、砂漠地帯のようなきびしい自然環境のなかでは、農作物を人工的にそだてる農業によって食料生産性を高めないと人々は生きていけなかったのです。

こうしてオリエントでは、農業生産性を高める努力をし、効率的に人々がくらしていけるようにするために都市を発達させました。これが文明のはじまりです。

文明が発生する背景には大きな切実性があったといえるでしょう。


posted by ジオコスモス at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

世界遺産について知る

世界遺産についてよく知っておくことは、地球環境を保全するために重要なことです。

世界遺産とは
世界遺産とは、世界遺産リストに記載された「顕著な普遍的価値」をもつ建造物や遺跡、景観、自然などのことです。

世界遺産条約
1972年、ユネスコ総会で世界遺産条約が採択されました。これは、人類や地球にとってかけがえのない価値をもつ世界遺産を、人類共通の財産として大切にまもり、つぎの世代にうけついでゆくことを目的にした国際条約です。

ユネスコ
ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)は、1946年に設立された国連の専門機関です。ユネスコ憲章の全文にはつぎの一文があります。

「戦争は人の心の中に生まれるものだから、人の心の中にこそ、平和のとりでを築かなければならない」

世界遺産の分類と数
文化遺産自然遺産複合遺産の3つに分類されています。
世界遺産の数は、2014年5月現在、981件です。

世界遺産委員会
世界遺産は、1年に1度開催される「世界遺産委員会」で審議され、決定します。

世界遺産になるための条件
(1)不動産であること。
(2)各国の法律でまもられていること。
(3)遺産をもつ国自身から推薦があること。
(4)各国の暫定リストに記載されていること。

登録基準
(1)人間がつくった傑作
(2)文化交流
(3)文明の証拠
(4)建築技術
(5)伝統的集落
(6)出来事や宗教、芸術
(7)自然の景観美
(8)地球の歴史
(9)固有の生態系
(10)絶滅危惧種

危機遺産
危機に直面している遺産は危機遺産リストに記載されます。

世界遺産基金
遺産の保護が充分でない遺産に対しては、世界遺産条約でさだめられた「世界遺産基金」などをもちいた援助がおこなわれます。


参考文献:世界遺産検定事務局『きほんを知る世界遺産44 - 世界遺産検定4級公式テキスト -』世界遺産アカデミー、2014年4月8日


posted by ジオコスモス at 20:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする