2014年11月05日

パキスタキス・ルテア (Pachystachys lutea)

IMG_0152_1c.jpg

<クロス法で立体視ができます>(新宿御苑大温室で撮影)
西インド諸島から南アメリカが原産です。茎の先端に、長さ10センチほどの黄色い苞をつけ、その中に白い花を咲かせます。ふつう花期は5月から11月ごろですが、温度さえあればいつでも開花します。別名で「うこんさんご(鬱金珊瑚)」とも呼ばれます。キツネノマゴ科パキスタキス属の常緑小低木で、学名は Pachystachyslutea。英名は Lollipop flower。(出典:Weblio 辞書)






posted by ジオコスモス at 21:05| ステレオグラム植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュウガツザクラ(十月桜)

IMG_0493c.jpg

マメザクラとエドヒガンの交雑種で、江戸時代後期から栽培されている落葉高木です。八重咲きで、秋と春の年2回開花します。〔バラ科〕(新宿御苑)
<パラレル法で立体視ができます>
ラベル:3D写真
posted by ジオコスモス at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ステレオグラム植物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。